2009年08月02日

西大島ナマステヒマール(2)でダルバート!

PICT0034namasutehimaru.JPG
ダルバート食ったど〜〜!!


いつかまた行こうと思ってた西小島のナマステヒマールに行ってきました右京です。
このお方の記事を見てランチでもダルバートを頼めるという衝撃の事実を知り、約1年ぶりの西大島です。

電車定期の都合でJR亀戸駅から徒歩で。
しかし亀戸→西大島間はDAS、モガル、クレソンと魅力的な店が脇に潜むカレーの歓楽街。
おまけにこの日は馬鹿みたいに暑い真夏日で脇に逸れたい浮気願望が沸々と……(−−;

そんな誘惑を振り払い15分ほど歩いて西大島へ。この辺は変わりませんね。
ちなみにクレソンは夏限定で冷やしカレーうどん始めましたそうです。
12時前くらいに入店。「ダルバート出来ますか?」と尋ねると、メニューを持ってきてくれました。

肉のタルカリ(1,300円)野菜のタルカリ(1,200円)がありますが、肉食系男子の右京は迷わず肉を注文!
嘘です野菜のはもう見てるので「じゃあ僕は肉いこう」的な理由です。
ちなみにここはデフォだと全く辛くないことですっかりお馴染み、なので辛口でとお願いしておきました(^^;
ついでに店の前にあるチラシのドリンクサービスでラッシーも注文しました。

注文してすぐにサラダとラッシーが到着。
PICT0031namasutehimaru.JPG

ダルバートが来るまで、日本語の達者なお店の方としばし談笑。
近隣のお店の話や、神田・秋葉原あたりのインド料理店の話、○○(右京が住んでるとこの近く)ならこの前子供と花火観に行ったよ〜の話など色々。
そんな話をしているといつの間にか店内は満席に……人気ですね。なんか一安心w

そしてダルバートが到着!
PICT0032namasutehimaru.JPG
『肉のタルカリ(おかず)とアチャール(漬物)』

手前から
・肉のカレー(マトン)
・野菜のカレー(ジャガイモ、ニンジン、インゲン、グリンピースなど)
・ダイコンのスパイス浅漬け
・タマネギとキュウリとトマトのスパイス浅漬け
ライス(日本米)もボリューム満点ですね。

PICT0033namasutehimaru.JPG
『ダルカレー(豆のカレー)』

ムングダル(緑豆)たっぷりのダルカレー。
優しい味わいでスルスルと食べれます。

「肉のカレーは辛いヨ〜」と忠告を受ける。
それで辛かった記憶は一切なかったり(^^;

でもこのマトンカレーはホントに辛かったしΣ(゚д゚;) !?

信じられない……たぶんみんなして辛くない言うて追加のチリパウダー要求するから辛口はホントに辛くなったんだと妄想。
まぁすっごい辛いわけじゃないですけど、辛いのは苦手〜って人にはダメなくらいの辛さはあったと思う。
マトンは臭みが無く、スパイシーなカレーがライスと合う合う( ̄▽ ̄)

野菜のカレーは野菜タップリで実に濃厚。
これめっちゃ美味かった(≧∇≦)b!
やや塩気のあるカレーが野菜の甘さを引き出してて美味しい。

口休めにアチャールも。
ダイコンのアチャールは始めて食べた。ややしんなりするまで漬けられてて、食感も残しつつスパイシーで美味しい。

んでタマネギとキュウリの方も。

これが一番辛かった!

マトンの倍は辛い。口休めになりませんねこれはw
厚切りのタマネギの食感は良いんですか、辛い辛い。

お店の人が「辛いヨ」と忠告してきてないやつの方が辛いのは相変わらず…(^^;

それでも美味い事には変わりなし。
バックバク食って、大満足の初ダルバートでした(≧∇≦)b!


しっかし一度書いた記事が消えた時は気持ちが折れかけましたね(==;
気をつけないとなぁ。
ー^)ノではでは。


過去の訪問記事
近くへ行きたい〜ナマステヒマール大島店〜


にほんブログ村 グルメブログ カレーへ





posted by 右京 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北インド系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124780411

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。